夏の鯨

山の楽しさを発信。ご近所山の高尾山情報、関東周辺の山々の写真メインの登山記録、山にまつわるあれこれをお届けします。

高水三山 (今週のお題〜この色が好き)

8/18この日の天気

奥多摩高水三山に登ってきました。奥多摩の入り口にあり、きちんと整備されていることから奥多摩の入門コースと言われています。なんだか私、山にのめり込み始めたかも。


今回のベストショットです。岩茸石山山頂のちょっと手前の展望。青い空。緑の山々。これ以上の贅沢はありません。風がビュンビュンふいて夏の山を満喫できました。



軍畑駅をスタート。登山口まで炎天下のアスファルト道路が続きます。渓流沿いで音は涼しいのですがアスファルトの照り返しが暑い。正直帰ろうかと思いました。写真だと、里山で涼しそうなのですが、とにかく暑かったということでお願いします。

やっと登山口というところに砂防ダムがそびえ立っています。御岳山、高尾山に比べるとワイルドなコースです。

この辺りでアスファルト道路でがぶがぶ飲んだ水が汗として吹き出ていましたが、天然の美しい色を楽しみながらゆっくりゆっくり登りました。高水山の山頂までとにかく登りです。

高水三山は高水山、岩茸石山、惣岳山をプチ縦走しながら楽しめるコースです。高水山に登ってしまえば、三山の高さはほぼ同じで杉木立に囲まれるので軽快に歩けるのですが山頂に立つにはちょっと踏ん張りがいりました。岩茸石山の手前はこんな感じ。こんなの子供のころ以来。ロープにつかまってよじ登りました。すごく楽しかった。

奥多摩のにっくき杉花粉め〜と毎年泣いているのですが、ここに来ると「杉も悪くない」と思ってしまいます。御岳山の時より湿度が高かったせいか杉の木の香りがすごくて頭の中にひとつの世界ができあがります。ここで免疫をつけておけば花粉症にならないなんてことになるといいなあ。

惣岳山以降は普通の下りなのですが、実は前半水を飲み過ぎて小一時間水無しでがんばりました。たまたま持っていたガムで口の中が楽になりました。

うふふ 今回はお酒なしだったのですが、その代わり温泉に立ち寄りました。御嶽から奥多摩に電車で移動。奥多摩では有名な「もえぎの湯」です。ぬるぬるするあっついお湯でした。休憩処にもちろんビールがあったのですが、お楽しみはひとつと思ってお茶にしました。



【高水三山メモ】
上でも書きましたが今回は水の配分にちょっと失敗。次回以降の課題です。行動食は黒砂糖。山で食べるとものすごく美味しい。お弁当はデカおむすび3個(この日の水分はアミノ酸飲料1本 水4本 ポカリスェット1本 もえぎの湯でお茶2杯でした)

奥多摩駅の下りの時刻表。オレンジ色の中央線もここまで来ると1時間に2本になります。ドアも手動。

奥多摩駅前の注意書き「熊対策」を促しています。

※帰りの電車がすごく寒かった>電車用にウィンドブレーカーが欲しかった。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村