夏の鯨

山の楽しさを発信。ご近所山の高尾山情報、関東周辺の山々の写真メインの登山記録、山にまつわるあれこれをお届けします。

トレッキングポールデビュー(高尾山)

トレッキングポールを使って歩いてみました 感想・・・「楽ちん(^Д^)」



だんだんと上半身・特に腕を鍛えたくなって先日ノルディックウォーキングの講習会に参加しました 何も考えずに参加して当日はじめてノルディックウォーキングは平地専門の歩き方で、ポールも山用とは違うと知りました

以下、お店でのオレの心のつぶやき

ふーん・・・そうかポールが違うのか・・・でも山用のポールでノルディックウォーキング出来そう・・・今、オレに必要なのは「どろんこ道とか下りの段差を助けてくれるポール」・・・高尾山系での縦走の時、尾根をノルディックのフォームで歩いて腕を強化したいって願望はあるけどあくまで「山」メイン・・・よし、山用の2本ポールをとりあえず買って高尾山で試そう!

(ノルディックウォーキング自体はすごく気に入ったので、公園などで実践するつもりです お小遣いに余裕が出来来たら専用ポールもきっと!)



という訳で毎度おなじみ高尾山です どうしてもポールを試したくて午後登山 稲荷山コース、6号路はいざポールを持って歩いてみると「平坦な部分はそんなに多くない」ということが解りました 稲荷山の尾根でちょっとだけノルディックウォーキングしたのですが、後は山用の持ち方で歩きました

運搬時の保護用キャップがそのまま 恥ずかしい(>o<) これが、登山路保護キャップだと思っていたのですが、どうも違ってたみたい笑 保護用のキャップ早々に買います! 後で気がついたのですが、安さで選んだこれ「メンズのスノーハイク用」みたい(^0^;)ちょっと長いのかな?>オレ的には問題なし (ぶっちゃけ・・・竹とか金剛棒とかそこいらにある棒でもいいよね・・・って思いました) ポール歩きはとにかく快適でした 4本足で歩いているみたいでした 特に下りでの威力はすごいですね

夏場は見向きもしなかったホオノキの説明看板 朴葉味噌が脳内から離れなくなりました 秋ですね

今はビアマウントが終わって、紅葉までのぽっかり空いた時期なのかな?静かめの高尾山でした

京王電鉄主催のスタンプラリー「高尾・陣馬スタンプハイク」がはじまっていました 何の気なしに高尾山口でスタンプを押したらおもしろくなって・・・清滝、山頂、びわ滝と4つ集めました 11月30日までなので自然に集まりそう・・・スタンプを集めて応募して・・・冬の温泉旅行が当たったら素敵だなあ



【自主トレメモ】
※登り>稲荷山70分 休憩20分 下り>6号路70分 ※小腹対策のおむすび1個、水1L、体調の関係?のどがすごく渇いて山頂でスポーツドリンクを一応購入 ※帰りにあまりにも腹ぺこで高尾山口の駅の自動販売機であんパンを買ってこそこそ食べた ※夏の間はどんどん汗になってあまり気にしていなかったのですが、そろそろ「お手洗い」計画して行動したい季節になったなと思いました ※ポールを持つとカメラの出番が減ってしまう 首から吊すのには抵抗があったけど、吊してフリースの中に入れちゃえば落下の心配はないかな 考えよう