夏の鯨

山の楽しさを発信。ご近所山の高尾山情報、関東周辺の山々の写真メインの登山記録、山にまつわるあれこれをお届けします。

毛糸で編む山用の靴下 その3・かかとまで編む

毛糸で編む山用の靴下その1はこちら

毛糸で編む山用の靴下その2はこちら

 

 

つま先のマーカーからぐるぐると編み進めます。

編み針が2セット必要になるのですが、私はこんな風に一気に両足編んでいます。片足ずつ編んでもいいのですが、何だかずっとこのやり方です。

※今回「段染め糸の柄合わせ」を省略しています。この靴下、レッグ部分で大量に糸を使うので50センチ、100センチでも大事にしたいのです。

https://www.instagram.com/p/BxLj0M4BpY1/

つま先のマーカーからまっすぐに45段編みました!

45段編んだ様子は下の通りです。あれ?足りなくないかな?という印象かと思いますが、こんなもんです。かかとまるっと出ている感じ。

最後の段にマーカーを付けましょう。(※写真はマーカー付いてません。)

ニット生地は伸びるので幅との関係で42段のヒト、いやいや私は50段がベスト!と様々だと思います。自分の目数を決めるまで、この辺りは試行錯誤になります。

※きたない足ですみません。

2019-05-08 23.15.44

さて次は「かかとを編む」です。お楽しみに!

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ